いま大注目の視力矯正手術、レーシックについて

出来る人の条件

福岡のレーシック手術が可能なクリニックでは、最初に視力検査をはじめとした精密検査が行われます。そこで、レーシック手術に適応しているかどうか見て、合格した人は受けることが出来ます。

続きはコチラ

フラップづくり

福岡のクリニックで行われるレーシック手術の前段階はフラップづくり。眼球の角膜に、手術をするための空間をつくる作業です。フラップ(Flap)とは閉じたり開いたりするフタのようなもので、手術には不可欠です。

続きはコチラ

レーザーの照射

レーシック手術の中でも肝となる作業は、レーザーを角膜に照射するというものです。福岡のクリニックの多くが、完璧なレーシックを目指して最先端のエキシマレーザーを施術メニューの中に入れています。

続きはコチラ

レーシック後のこと

福岡のクリニックで受けるレーシック手術自体は約10分でおしまいですが、そのあともしばらくは気をつけて生活する必要があります。完全に視力が矯正された目を自分のものにするために、ドクターの指示を聞きましょう。

続きはコチラ

レーシックで治そう

新たな方法

人は何かについて固定的なイメージを付けたがるものです。たとえば、今のように国際的な人や物の行き来がそれほど充分ではなかった頃、欧米での日本人のイメージは「出っ歯でメガネ、背広姿でカメラを持っている」という珍妙なものでした。当時のアメリカ映画を見てみると、日本人が登場するとなると、必ずそういうメーキャップをほどこされたアジア系の俳優が顔を見せていたことが分かります。何かというと珍しがってカメラをパシャパシャ撮る人。勤勉な正確なので夜遅くまで仕事に励み、その結果メガネをかけざるを得なくなってしまった人……そんなイメージなのでしょうか。
とはいえ、実際、メガネをかけたりコンタクトをつけたりしている人を見るのは、珍しいことでも何でもありません。出っ歯でカメラを持っていて背広を着ている人物は見かけなくても、メガネをかけた人物になら、私たちは日に何人も目にしているはずです。そんなあなた自身が、メガネをかけているかもしれない。
勉強をしたり仕事をしたり、あるいは遺伝であったりして、メガネやコンタクトで低下した視力を補っている人というのは、たくさんいるわけです。

ところで、そんな人のための視力矯正の方法として、今、メガネとコンタクトに続く新たなものが知名度を高めつつあります。それが、レーシックというものです。

レーシックはスゴイ

レーシックは欧米から発信され、今ではアジアを含む世界中で行われている視力矯正手術です。メガネに比べればまだ歴史的には若いので、名前しか知らないという人がいるかもしれませんが、最近では有名なスポーツ選手とか、世界に名を馳せるセレブとか、そういった人たちが受けているという話もよく聞くようになりました。「名前しか知らないけど、なんかスゴイ手術らしい」くらいの認識は、誰もが持っていることでしょう。
実際、レーシックというのはスゴイ手術であり、それを受けるまではメガネをかけなければ視界が激しくぼやけていたという近視の人でも、視力を高め、メガネなしで生活することが出来るようになるのです。
そんなスゴイ手術なので、東京や大阪のような大都市にある眼科のクリニックではもはや当たり前の治療のひとつとして行われています。九州でも、いろいろな先端的な文物が集まる都市、福岡のクリニックで受けることが出来ます。九州中から、「レーシックはスゴイ」という話を聞きつけた人たちが訪れる、という言い方も、決して言い過ぎたものではないのです。