いま大注目の視力矯正手術、レーシックについて

フラップづくり

「空間」をつくる

福岡の多くのクリニックで行われているレーシック手術は、大きく2段階に分かれています。2つの作業をやって、ようやく完了するわけです。「ようやく」とは言っても、手術自体は短い時間で終了するので時間が掛かったという感想は持たなくてすむでしょうが。
その第1段階として行われるのは、レーシックをするための「空間」を眼球に作ることです。そもそも「レーシック(LASIK)」というのは、「レーザーで角膜を元に戻す」ということを難しく言い表した「Laser in Situ Keratomileusis」という言葉の略称です。つまり、眼球の角膜と呼ばれる部分にレーザーを当てて、それを元あったように戻すという手術こそ、レーシックであるわけです。福岡のクリニックに「視力矯正をしたい」ということで訪れる人の目は、眼球の角膜にちょっとした異常があるということなのです。メガネをかけている人、コンタクトをつけている人も同様です。つまり、近眼というのは角膜が正常でなくなったために起こってしまう現象で、レーシックはその角膜をレーザーによって手術するものであるということなのです。

マイクロケラトームで切除

福岡の眼科クリニックでレーシックの前段階として行われる「フラップづくり」は、角膜にレーザーを当てるために、その空間を作るということを意味します。角膜は眼球の中でも空気に接しているもので、その下に瞳と呼ばれている水晶体があります。目で見ている風景は、角膜から入ってきて水晶体で受け止められ、その映像が網膜に伝えられて、「見る」という行為がなされています。しかしその角膜が光を屈折させて像をくっきり見せるという機能を上手く果たせなくなってしまい、それによって、特に遠くにあるものがぼやけてしまうという現象(近眼)が引き起こされています。

ところで、角膜は2層にわかれていて、表面にあるものを角膜上皮層、その下にあるものを角膜実質層と呼びます。上皮層は別の言葉で言うなら保護層であり、眼球を最終的に守っているものです。光を屈折させるという角膜の機能そのものは、実質層が担っています。レーザーを当てられるのはこの実質層で、そのためには、保護層を1回とってあげなくてはいけません。この作業こそが、フラップづくりなのです。角膜の中でも上皮層だけを、開け閉めできるフタのように一部を残して丸く切る作業です。マイクロケラトームというミクロ単位での物の切除を可能とする機械が使われ、この作業は行われます。福岡のクリニックの多くで、より精度を高めた切除を行うため、最新のマイクロケラトームが導入されています。