いま大注目の視力矯正手術、レーシックについて

眼科専門医について

「名医」を見つけよう

福岡には、たくさんの眼科の先生がいます。いろんな科がある病院の中で眼科を担当している先生がいるでしょうし、個人でクリニックを経営している開業医の先生もいるでしょう。全国展開しているクリニックの「福岡院」につとめている先生もいるでしょう。そして、彼らの中にはレーシックを手がけてくれる先生も、たくさんいるでしょう。福岡でレーシックの手術を受けるということは、そういった先生の中の誰かに、目をお任せするということを意味しているのです。ここで考えるべきなのは「どの先生にお任せすべきか?」ということ。もちろんそういうことになります。
どの先生も、それなりの知識と技術を持ち、実績を持っているでしょうが、特に視力を治すレーシックの場合には、念に念を何重にもかさねて、名医に依頼したいものです。とはいえ、名医を見つけるというのはなかなか漠然とした言い方です。もっと分かりやすい基準はないのでしょうか?

あります。その基準とは、「眼科専門医」です。眼科の先生の中でも、特に「眼科専門医」の肩書を持つ先生に依頼すると、充実したレーシック手術を受けることが出来るであろう、と確信できるのです。

眼科専門医の仕事

「眼科専門医」とカッコにくくって言うとき、この先生はどんな先生をさしているのかというと、文字通り眼科という医科をきわめている先生のことです。その技術や知識が、専門家としての域に達している先生のことなのです。
お医者さんというのは、医師免許を取得し、医師として働く過程であらゆる医科についてひと通りの勉強をし、その上で最終的にはひとつの医科にしぼって仕事にします。だから、言ってしまえば医師免許を取得することが出来れば眼科医になれるし、内科医にも外科医にもなれるということなのです。ただ、その中でも、特に「私はあらゆる医術の中でも目に関することだけを専門にしよう」と決めた先生がいます。その先生は、日本眼科医会というところに所属し、専門医としての試験を5年ごとに受けてパスし続けます。そういう、あらゆるお医者さんの中でも目について、その治療について知り尽くした先生のことを、眼科専門医と呼ぶのです。
福岡で、そういう先生のいるクリニックを見つけてレーシックを受ければ、当然ながら、成功は確信できるというわけなのです。